FC2ブログ
top1

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣かなかった日 - 2010.10.20 Wed

日曜日、お祭りに行って来ました。








ブライスも連れて行きたかったのですが、大慌てで家を出たので

置いてきぼりにしてしまいました(TT)



2年に1度のお祭り。


子供の頃から楽しみにしていた、一大イベントです(笑)

2年前は、体調が悪くて観に行けなかったので、私には4年ぶりのお祭りです。



しかし…

今年は大変な事があり喪中の為、

お祭りに行くのは如何なものか?


お祭りに行って色々思い出し、悲しくなるのではないか?

ギリギリまで色々考えましたが、私達が帰るのを父が楽しみに待っているようなので

夫とメグと出掛けました。





街中は交通規制で通れないので、母の事故現場を避け、遠巻きに実家に向かうと…


「わっしょい!わっしょい!」と賑やかな子供の声と、懐かしいお囃子が聞こえて来ました。


胸は高鳴り、今すぐにでも飛んで行きたい気持ちを押さえるのが大変なくらい。




山車の後を追い掛け、転げるようにお祭り広場を目指して行きました。










あ、近所のお祭りおじさん発見!!









昔から、知っている気の良いおじちゃんです









友達がお祭り広場の辺りで待っているのに、太鼓の打ち合いに釘づけなワタシ(ゴメンネ)







この子達は、ウン十年前のワタシ達




「ワタシ達もこんな感じだったんだよね」と、スティーブに言うと。

「そう思って見てた。みんなこうだったんかなぁ〜って」とスティーブ

「でも、ウン十年後はオバサンだよねー」と私。

「オバサンになっちゃうんだよねー。しょうがないよ」と、妙に残念そうなスティーブ









警察にシボられてる大の大人達。。。



スピーカー持ってる人に、隣の人が小声で

「お前、本当にやったのか?!」

「すいません、つい出来ごころで…

「連帯責任だぞ」と、警官。



ふふふ…

そういう風に見えたので、撮っておきました。





また近所の気の良いお祭りおじちゃんです!!



綺麗なお姉さん方にモテモテですねー





私達の子供の頃は、子供が多すぎて女の子は太鼓を叩かせて貰えませんでした。

困った大人達が苦肉の策で、てこ舞という大工さんの唄・キヤリを歌わせながら町を練り歩く事を決めました。




お祭りまでの数ヶ月間、私達女子は大工の棟梁達からキヤリを習ったのでした。

(今でも少しだけ唄えます)



そして、お祭りが終わった後も、学校が終わるとバスが迎えに来て

少女てこ舞隊は近くのドライブインでキヤリを唄い、遠くから旅行で立ち寄ったお年寄り達に

唄を聞かせたのでした。


ギャラは、出演後に飲むファンタオレンジ1本。

つかの間のタレント気分を味わったのでした。

今じゃ、あり得ませんね。




懐かしいおじさん、おばさんにも会いました。






楽しくて沢山笑い、久し振りに心が解放されました


懐かしい顔ぶれに出会い、あの頃にタイムスリップしたようでした。



夕暮れになり、お祭り広場で3歳からの友人K代ちゃんが言いました。

「私達のあのお祭り(てこ舞の)の時は、1日目に雨が降ったんだよね」


えっ?!

私ったら、楽しい事しか覚えて無くて、雨が降った事など全く覚えていませんでした。



K代ちゃん「それで、私達の足袋や草履がグチャグチャで駄目になっちゃったんで

うちのお母さんと花總のお母さんが、どこかで調達してきてくれたんだよ。


それから、雨で、山車の花(色ちりがみで作った花)が全部ダメになっちゃったから

その夜、お母さん達は駆り出されて花を作りに行ったんだよ」



それを聞くうちに、途切れ途切れに、記憶が甦って来ました。



夜9時過ぎから、母達は沢山の花を作ってくれていたなんて…

親は大変だったのだなぁ…としみじみ思いました。




「お前も親になったら、親のありがたみが良くわかるよ」って、

昔、よく母が言ってましたが、

親になれなかったので、解ってあげられなくてごめんなさい。


居なくなってから解っても遅いですね。





8時半頃、家の前を最後の山車が通るのを

道に出て、父と二人で見ました。

(メグとスティーブは爆睡してました)




道に出て山車を見る人も昔と比べると、随分減りました。

お祭りの子供たちも随分と減りました。



昔は家族や親戚も来て皆で山車が通るのを見ましたが、

父方のおばあちゃんが消え、母方のおばあちゃんが消え、

母も消えてしまいました。

町の人々も沢山消えてしまいました。



年老いた父と二人で見ていて、思いました。

2年後、またこうして父と見ることができるのだろうか?と。




お祭りの最後は、ちょっと淋しくなりましたが、


お祭りの魔法にかかった、この夜は、泣かずに眠る事ができました。


感謝です。




<おまけ>

なんと、84歳にして、初めてお赤飯を作った父です。

この人はお赤飯が大好きで、普通の日も母にお赤飯を作ってもらっていたのです。


近所の人に作り方を聞いて挑戦したそうです。

私と、スティーブの分を作っておいてくれました。

食紅は入っていませんでしたけど…




古くて汚い炊飯器を今でも大事に使っています。

ちょっと哀れな感じですね。


いつもは何も気が利かない人ですが、果物を沢山買って持たせてくれました。

色々と呆れる事ばかりの愚図なダメ親父ですが、

見捨てられません。



宜しかったらポチっとお願いします
にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへにほんブログ村


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://papermoondoll.blog.fc2.com/tb.php/389-62595127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラオケに注意? «  | BLOG TOP |  » 最近作ったもの

プロフィール

はなふさ

Author:はなふさ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (451)

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。